糖質制限について学べる本の紹介と考察

糖質制限について理解を深めるために

糖質制限や血糖値などに関する書籍のレビューを掲載しています。

書籍の概要、特に勉強になった部分の紹介、持論も踏まえた感想です。

各ページの概要

「薬に頼らず血糖値を下げる方法」の紹介と考察

「薬に頼らず血糖値を下げる方法」の書評や概要を掲載しています。概要や感想、学びになった内容などを紹介。この本のお陰で、脱白米が可能となりました。

「炭水化物が人類を滅ぼす」の紹介と考察

「炭水化物が人類を滅ぼす」の書評や概要を掲載しています。長い人類史の大半を占める食事内容、穀物が食べられるようになった時代、昭和時代の白米中心の生活と弊害など、多くを学ぶことができます。

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」(新版)の紹介と考察

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」(新版)の書評や概要を掲載しています。薬としてインスリンが製造されるようになると、食事のガイドラインが変更され糖質過多へ移行していったことなどを知ることができました。

「江部康二の糖質制限革命」の紹介と考察

「江部康二の糖質制限革命」の書評や概要を掲載しています。糖尿病合併症の患者数や年間医療費など、莫大な費用がかかっている日本の実態を知ることができました。

「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」の紹介と考察

「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」の書評や概要を掲載しています。インスリンを投与することで起こりうる弊害について、理解を深めることができました。

「ケトン体が人類を救う」の紹介と考察

「ケトン体が人類を救う」の書評や概要を掲載しています。最初は、産科医の著書ということであまり期待していなかったものの、とても内容が濃かったです。日本の抱える医療の問題を垣間見ることもできました。

MENU