血糖値測定器に関する疑問と回答

疑問と回答

【Q】ネット購入する場合、処方箋は必要ではないですか?

【A】海外からの入手する場合は、不要です。

血糖値測定器の場合、センサーが体外診断用医薬品に分類されるため、品質管理の関係上、日本では輸送できない扱いとなっています。

ACONの血糖値測定器に関して言えば、アメリカ国内のルールが適用されるため、通販による輸送も問題ありません。

【Q】血糖値測定器だけあれば、測定できるんですか?

【A】他にも、必要なものがあります。

血糖値測定器本体、センサー、針(ランセット)、穿刺器が必要です。このうち、センサーとランセットは、消耗品となります。

【Q】血糖値測定器のセンサーは、代用が利くのでしょうか?

【A】対応するセンサーは、決まっています。

基本的に、血糖値測定器に対応しているセンサーに汎用性はありませんので、同じメーカーの同じ商品のものを使うことになります。

ただし、製品によっては、同じメーカーの複数の血糖値測定器で使用できるセンサーもあるようです。

【Q】使用済みの針(ランセット)は、どうやって捨てれば良いのでしょうか?

【A】家庭用の燃えるゴミで特に問題ありません。

一般的には、「自治体のゴミ捨てルールに従ってください」と書かれることが多いですが、そこまでシビアにならなくても良いと思います。

例えば、プラスチックと金属が一緒になっている洗濯ばさみなどは、その割合に応じて燃えるゴミか燃えないゴミかに分別します。

ランセットは、ホッチキス1個分程度の金属しかないため、ランセットだけをまとめて捨てるということでなければ、家庭用の燃えるゴミと一緒で問題無いと言えます。

【Q】家庭用の血糖値測定器は正確に測れるのですか?

【A】製品によります。

最近では、糖尿病患者の増加により血糖値測定器の種類も増えていますが、ACONの血糖値測定器は、アメリカ糖尿病協会の基準をクリアした精度の高いものです。

>>ACONの測定精度は問題無い?

【Q】ACONとテルモを両方使ってみたら、ACONの方が必ず高い数値が出ます。精度は、大丈夫なのでしょうか?

【A】上記と同じ結論になります。

日本国内では、国際規格ISO15197により、測定誤差は、±15%なのに対し、アメリカ糖尿病協会では、全数値域で5%以内という基準があります。

また、誤差が出るとすれば、ブレ幅が上下両方に出ることになるので感度の違いということも考えられます。

【Q】血糖値測定器を購入して測ってみたら、空腹時80台、満腹時160台でした。これは、境界型ですか?

【A】食後2時間値を目安にします。

空腹時に80mg/dlは、糖尿病の心配が無いと言える数値です。満腹時に160mg/dlは、2時間後の数値で判断が変わるかもしれません。

■空腹時血糖値

  • 正常値:70 ~ 110mg/dL
  • 境界型:110 ~ 126mg/dl
  • 糖尿病:随時 200mg/dl以上

■ブドウ糖負荷後2時間値

  • 正常値:140mg/dL未満
  • 境界型:140 ~ 200mg/dl
  • 糖尿病:随時 200mg/dl以上

【Q】妊娠中の高血糖は糖尿病ですか?

【A】妊娠中は、胎児が高ケトン状態となるため高血糖になりやすいことがわかっています。食事から糖質を減らし、脂質を増やすと改善します。

詳しくは、産婦人科医である宗田先生の本が参考になります。

>>「ケトン体が人類を救う」

【Q】炭水化物多めの食事をした後は、喉が渇き発汗します。病院では問題無いと言われたのですが、糖尿病の兆候ではないですか?

【A】リスクは、少ないと思います。

食後は、消化するために内臓が活性化する関係、高血糖状態によりドーパミンが出たり、インスリンを出すために膵臓も働きます。

一時的な高血糖による変化と仮定し、糖質オフの食事と糖質の多い食事での違いを記録するというのも確認方法の一つです。

さらに、血糖値測定器を使用して実際に血糖値を測ってみることをオススメします。

【Q】父親が糖尿病です。私も近い将来、糖尿病になるのでしょうか?

【A】食生活次第です。

2型糖尿病は、遺伝することがあるとも言われていますが、病気の大半は、誤った食生活による糖質の過剰摂取ですので、食生活の見直しが必要かもしれません。

【Q】糖質制限は、週一とかでも効果ありますか?

【A】継続することで効果が生まれます。

ヒト本来のエネルギー回路であるミトコンドリアの働きを活発にするためにも、一定期間の糖質制限が体質を変えることになります。

ただし、血中のケトン値が高い状態で安定すると、高糖質の食品を食べることで食後高血糖になるリスクもあるので、まずは、適度な糖質制限と適度な運動を習慣化することをオススメします。

【Q】血糖値スパイクとは、どういうものですか?

【A】食後、短時間に血糖値が急上昇することを指します。

動脈硬化など血管が痛みやすくなったり、酸化ストレスを受けやすくなっている状態です。また、糖尿病と診断されていなくても血糖値スパイクとなることがあります。

国際糖尿病連合の資料によると、食後2時間値が140mg/dLを超える場合は、注意が必要となっています。

【Q】炭水化物を摂らないと頭痛がするのは、本当ですか?

【A】人によります。

糖質制限と頭痛との因果関係は、ドーパミンの関与も一理あります。

血糖値が上がり高血糖になると、恒常性により視床下部が血糖値を通常まで下げる指令を出す流れでドーパミンが分泌されます。

糖質制限をすると、日常化していた一連の働きがストップしてしまうので、頭痛という形でシグナルを出しているのかもしれません。

詳しくは、夏井先生の「炭水化物が人類を滅ぼす」で学ぶことができます。

この作用は、タバコ、コーヒー、アルコールなどをやめると頭痛が起こるのと似たようなものと言えます。

【Q】糖質制限すると便秘になるんですか?

【A】人によります。

便意は、気持ちの面が大きく関係していることがあります。例えば、書店に行ったり、欲しいものを探していると便意を覚えるということもあります。

これらは、精神的なものなので糖質摂取とは関係がありません。

また、「炭水化物=食物繊維=白米」という強引なくくりにより、便通との因果関係があるような論説は、いささか強引です。

一方、脂質は油でもあるため潤滑性を高める働きがありますが、白米は、糊のように粘着性を持っていることを忘れてはなりません。

【Q】糖質制限で低血糖症は、起こるんですか?

【A】一般的な糖質制限なら心配ありません。

糖尿病などの基礎疾患がなく健康的な状態であれば、糖質制限をしても体内の血糖値が極端に下がることはありません。

私たちの体には、血糖値を一定に保つ働きが備わっていて、最低ラインに到達する前に「糖新生」という働きにより必要分のブドウ糖を生み出す働きがあります。

私自身、極端な糖質制限を続けた状態でスポーツジムに通い、3ヶ月間で体脂肪を3%台まで落とす実験をしたことがありますが、血糖値は、維持されていました。

代わりに筋肉量が減っていくことをデータでも確認できたので、糖新生が起こっていたことを体験しています。

MENU